遺産、相続のことなら・・・

 

さくらさく相談室の3つの安心

 

1.面倒な手続きをすべて代行  

2.必要な専門家と連携

3.話しやすい女性行政書士


  ~こんなことで困っていませんか~       

   (遺 言)

 

結婚していないがパートナーに財産を残したいと思っている。

相続人同士仲が悪い

スムーズに相続手続きをしたいが、時間がない

エンディングノートを書いているが遺言に踏み切れないでいる。

結婚しているが子どもがいない

遺言なのか遺書なのか違いがわからない。

そもそも遺言が必要なのかわからない。

再婚をしたが前婚の子がいる


  ~死亡後、葬儀後の手続きでお困りの方へ~

    (相 続)

家族が突然死亡して、何からしていいのかわからない

家系が複雑である 。親や、兄弟が離婚・再婚を繰り返している。

名義変更をしようと思ったら、後見人をつけてくれと言われた。

連絡しにくい相続人がいる。

相続人がみな高齢だったり、遠方だったりする。

相続しなければいけないが、前代の相続もまだである。

煩雑な相続手続きを全部まとめて代行してもらいたい。

相続人がたくさんいて、面倒である。

 

当事務所は、上記のようなお悩みをワンストップサービスで解決いたします。

女性行政書士が対応させていただきます。

安心して、お任せください。

 

相続手続きの相談のながれ

① 相続の調査・確定  普通はお亡くなりになった方の出生までさかのぼります。

 

② 財産の調査  銀行預金や現金、郵便貯金などをお調べします。

 

③ ①②の調査をもとに財産目録・相続人関係図を作成します。

 

④ 「遺産分割協議書」の(案)を作成します。

 

⑤ 財産の分け方が決まりましたら、「遺産分割協議書」を作成して、皆様に署名・捺印しても   

  らいます。

 

行政書士は、弁護士とは異なり依頼者側のみの立場や、利益を追及する代理人としての行為

 は、一切行っておりません。

 

相続人の皆様がスムーズに相続をすすめられるよう、助言や書類の作成などを行います。

 

他の相続人の所まで出向き、(遠方でも)ご説明いたします。 疎遠な方、遠方の方、高齢の

 方におすすめです。

 

公正証書遺言の原案作成から公正役場への同行、遺言書保管までいたします。

 

ご家族の方への配慮や、ご自身が亡くなった後の遺産分割がスムーズに行くために、

遺言執行までお引き受けいたします。

 


遺言原案作成をご相談された場合のお手続きの流れ

①お問い合わせ

    

②ご相談 

 

③報酬の確認 契約    同意書、委任状の作成など

    

④調査・資料収集     財産の聞き取り、調査など    

 

⑤財産・相続人の確定   遺言者、相続人の戸籍調査

    

⑥面  談        調査が終わったところで、遺言者と面談

 

⑦遺言の内容についてご相談いたします。

 

⑧私どもが遺言原案の作成をいたします。    

    

⑨ご 検 討    原案の内容について見ていただきます。    

    

⑩公証役場へ依頼  私どもが公証人さんと打ち合わせさせていただきます。

    

⑪公正証書遺言作成  遺言者と証人2名で行います。

 

※公証人さんに出張していただくことも可能です。(有料)    

      

遺言の保管     遺言執行となるその日まで保管いたします。  

      

これは簡単な流れです。

 

詳しくはお問い合わせください。